アンケートご回答フォーム

P2Mマガジン 【第10号(FREE)】 (発行:2020/12/28)

-アンケート(左上)にご回答願います-












0.P2Mマガジン10号目次
1.巻頭言  プログラムマネジメントの時代(久保裕史)  ( 1頁)
2.特集 「プログラムマネジメントの時代」(編集委員会) ( 3頁)
3.特別寄稿 P2Mへの期待
  P2Mに期待すること(千葉一裕)  ( 4頁)
  国際P2M学会への期待(光藤昭男)  ( 5頁)
4.特集記事 P2M理論の拡充と教育
  分断の危機を乗り越えるプログラムマネジメント(山本秀男)  ( 8頁)
  世界を変えるP2Mへの展開(亀山秀雄)  (10頁)
  プログラムマネジメントにおけるインクルーシブデザインの可能性(佐藤達男)  (16頁)
  教育としてみた国際P2M学会に対する期待(吉川厚)  (20頁)
4.特集記事 P2Mのデジタル化
  P2Mによるデータドリブン経営実現へのアプローチ (梅田富雄)  (24頁)
  オンラインコミュニケーション時代の企業R&DとP2M(和田義明)  (30頁)
4.特集記事 P2Mの社会活動とSDGsへの展開
  持続可能な社会とプログラムマネジメント(中村明)  (34頁)
  これからの社会の仕組みとしての「新しい公共のあり方」(沖浦文彦)  (41頁)
  発展途上国に寄与する人材育成とP2Mの創造的統合マネジメントの有効性(神崎博之)  (46頁)
  SDGs/ESG/CSVの展開に向けてP2Mフレームワークの3Sモデルの適用可能性の検討(玉木欽也)  (49頁)
  SDGs時代のP2Mと事業構想(重藤さわ子)  (52頁)
  中央政策と地域行政(地域市民)との懸け橋(谷口邦彦)  (55頁)
  地域をマネジメントするP2M (小山田大和)  (61頁)
  P2Mについて考えること(岡田久典)  (66頁)
5.大会顛末記:第30回国際P2M学会秋季研究発表大会結果報告(岡田久典、永井祐二、中川 唯)  (68頁)
6.コラム:不測の事態にプロジェクトに寄り添えるプログラムオファイサーの必要性(亀山秀雄)  (73頁)
7.情報コーナー:AEON TOWAリサーチセンター紹介(中川 唯、山本 百合子、永井 祐二)  (74頁)
8.大会予告:第31回 国際P2M学会 研究発表大会案内(当麻哲哉、白坂成功)  (77頁)
9.国際会議情報:ASCON-IEEChE 2022 KOREA 開催予告  (79頁)
10.編集後記 (亀山秀雄)  (80頁)

P2Mマガジン バックナンバー

発行履歴 創刊号 2016/06/01 発行
第2号 2016/12/20 発行
第3号 2017/06/15 発行
第4号 2017/12/07 発行
第5号 2018/05/09 発行
第6号 2019/01/29 発行
第7号 2019/07/24 発行
第8号 2020/03/10 発行
第9号 2020/08/15 発行

P2Mマガジン 投稿規定・編集委員

   >P2Mマガジン投稿規定
   >P2Mマガジン編集委員

個人情報保護方針

Copyright International Association of Project and Program Management Allright reserved.