お知らせ

学会論文関連情報を「学会論文情報」に集約しました

従来、学会論文に関する情報が分散していましたが、次のエリアに集約しました。
トップページ「学会論文情報」ボタン  http://www.iap2m.org/p2m_ronbuninfor.html

次の内容を掲示しています。
・学会論文執筆規定
・学会論文サンプル
・論文審査規定(新規)
・学会論文誌の一般公開について(新規)
・P2M文献情報

ご高覧願います。

No: 187 - Date: 2014/04/27(Sun) 14:52:00

9月27日(土)第18回国際P2M学会研究発表大会開催。【京都大会】

来る9月27日(土) 国際P2M学会秋季研究発表大会が次の要領で開催されます。
1.テーマ
  「サービス社会・経済におけるオープンなイノベーションの展望~ビッグデータの活用」
  ~公益と市場が共存できるビジネスモデルの創出とプログラムマネジメント~

2.開催形式
  一般社団国際P2M学会主催、 
  国立大学法人京都大学 学術情報メディアセンター共催

3.日程
  平成26年9月27日土曜日
  京都大学吉田キャンパス
  10:00~17:00 懇親会17:30~19:30

4.基調講演 13:15~14:45
  講師 :梶田 将司氏 京都大学情報環境機構・学術情報メディアセンター教授
「オープンな学びのイノベーションを推進する大学教育ビッグデータの形成に向けた展望」をご教示していただきます。先生は、知識基盤社会が成熟しつつある中、急激な社会構造の変化に対応可能なイノベーションは、大学が知識創造と人材育成における社会・経済の拠点として機能するよう、高等教育システムを世界規模で抜本的に刷新していくことが求められていると主張されています。

5.パネル 15:00~16:30
  「社会価値を生み出すイノベーション方策とネット時代における産学官の連携」(仮題)
  モデレータ :喜多 一氏 京都大学学術情報メディアセンター長、国際高等教育院副教育院・教授
  パネリスト:梶田 将司氏 京都大学情報環境機構・学術情報メディアセンター、教授(基調講演者)
  パネリスト:仙石 慎太郎氏 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 准教授

開催プログラム
  10:00~12:00  教室A/B/Cトラック研究発表12
  12:15~12:50  昼食 休憩 (理事会・評議員会)
  13:00~13:15  会長挨拶
  13:15~14:45  基調講演
  14:45~15:00  休憩
  15:00~16:30  パネル
  16:30~17:00  教室A/B/C(3部屋)トラック 研究発表3
  17:30~19:30  懇親会(樂友会館)

No: 186 - Date: 2014/04/20(Sun) 13:43:24

4月19日春秋季研究発表大会 アブストラクトの公開

春季研究発表大会のアブストラクトを公開いたします。
研究発表内容の事前確認などにご活用願います。(約11MB)
http://www.iap2m.org/pdf/20140419Abstract.pdf

研究発表内容全ての報告書をまとめたUSBを当日受付でお渡しします。
同じ内容をダウンロード可能です。(パスワード設定)
パスワードは、当日受付終了後、希望者にお知らせします。(約22MB)
http://www.iap2m.org/pdf/20140419Report.pdf

国際P2M学会春季研究発表大会が開催されます。テーマは次の通りです。
「サービス社会における新産業創出と方法論:三次元プリンターのインパクトと課題を探る」
~市場と公益が共存できるビジネスモデル創出を目指すプログラムマネジメント~

開催日と場所
開催日: 2014年4月19日 土曜日 9:30~17:00
開催場所:開催場所:東京工業大学田町キャンパスイノベーションセンター
      最寄駅(JR山手線 田町駅下車海側徒歩2分)

No: 185 - Date: 2014/04/17(Thu) 11:44:02

【4/20改訂】新刊書「実践プログラムマネジメント」学会特別価格販売のご案内

この度、発行されました新刊書「実践プログラムマネジメント-イノベーションを確実に遂行する-」を学会特別価格で会員様に販売いたします。
定価は2000円+消費税ですが、学会会員向けに特別に1500円(税込)で販売いたします。

お申し込みは右記へメールでお願いします。 p2m.office@iap2m.org

新刊書のご案内は以下をご参照願います。
新刊書のご案内 http://www.iap2m.org/pdf/2014book_info1.pdf
日刊工業社の案内 http://www.iap2m.org/pdf/2014book_info2.pdf

新刊書の学会ポスター http://www.iap2m.org/pdf/201404book.pdf

No: 184 - Date: 2014/03/26(Wed) 13:31:24

【4/7更新】【発表スケジュール更新】4月19日(土)第17回国際P2M学会発表大会開催。 投稿公募の締切は、要旨3月3日、論文3月25日

国際P2M学会春季研究発表大会が開催されます。テーマは次の通りです。
「サービス社会における新産業創出と方法論:三次元プリンターのインパクトと課題を探る」
~市場と公益が共存できるビジネスモデル創出を目指すプログラムマネジメント~

開催日と場所
開催日: 2014年4月19日 土曜日 9:30~17:00
開催場所:開催場所:東京工業大学田町キャンパスイノベーションセンター
      最寄駅(JR山手線 田町駅下車海側徒歩2分)

基調講演では東京大学生産技術研究所 付加製造科学研究室 新野俊樹教授をお招きして「付加製造技術(三次元プリンター)の現状と展望」をご教示していただきます。 米国の最新研究開発事情を新しい「付加製造科学」による産業発展への可能性をお話していただきます。
ご期待ください。

以下の4つの発表トラックを設定しております。
A トラック:新産業創出と方法論
B トラック:ビジネスモデル開発
C トラック:開発マネジメント
D トラック:P2M関連の自由論題

発表スケジュールはこちらから
http://www.iap2m.org/pdf/20140419_2.pdf
(変更発生する場合は、当WEBサイトに最新版を掲載いたします)

参加費用
会員 : 10,000円(社会人学生、代表発表者も含む)
非会員: 13,000円
社会人では無い学生会員・大学院生:3,000円
尚、参加費は当日、受付にて現金にてお支払ください。領収書の必要な方はご用意します。

「懇親会」  費用 :3000円
       会場 :田町センタービル ピアタ3F ニユートーキヨー

~~~論文投稿する方へご案内です。~~~ 

■ アブストラクト締切:平成26年3月3日 300字以内
■ 論文締切 : 平成26年3月25日(厳守)投稿規程に従う
           (実務者論文はパワーポイントの資料のみも可)
■ 投稿規程 : http://www.iap2m.org/pdf/text3.pdf を参照してください。
  書式サンプル形式で作成してください。サンプル: http://www.iap2m.org/file/sample.doc


■ 投稿受付 : アカデミーセンター 国際P2M学会事務局 p2m-post@bunken.co.jp 宛 メイル添付
■ 発表方法 : 発表者は、大会当日発表資料をUSBにて持参し発表してください。(事前送付は不要です。事務局で事前にお預かりいたしておりません。)
■ 発表時間 : 20分以内として、10分を質疑応答に充てます。

発表者のスケジュールは後日 学会WEBサイト上に掲載いたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大会詳細のご案内はこちら
 http://www.iap2m.org/2014spring.html

参加お申込みはこちらから(発表者のかたもお申込み登録をお願いします)
 http://www.iap2m.org/regist_taikai.html
参加登録におけるご参考情報
お使いのブラウザがInternetExplorerの場合、バージョンが新しいと無応答になる場合があります。次の操作を参考にして下さい。
 http://www.iap2m.org/pdf/ie201309.pdf

No: 183 - Date: 2014/03/06(Thu) 09:41:02

【2/17更新】平成25年度グリーン・プロジェクトマネジャー資格試験のご案内 ~研修:3月15日(土)、資格試験:3月29日(土)の実施、応募を受付ます~

1.資格試験の概要
 ● 個人実績能力に社会的信用を与える
 国際P2M学会は、エンジニア、ビジネスマン、大学院生を対象にした資格認定を実施しています。 環境ビジネス、環境リサーチ、環境改善、大学院における学習など実績、経験の潜在知識を、第三者機関として社会的信用を付与することを目的としています。

 ● 環境貢献への活動機会を応援する
 環境ビジネスは2020年には市場規模が120兆円に達し、雇用規模は280万人に成長する事業領域です。 その全てにP2M(プロジェクト・プログラムマネジメント)知識と実践能力が求められています。

 ● 個人実績能力に社会的信用を与える
 国際P2M学会は、エンジニア、ビジネスマン、大学院生を対象にした資格認定を実施しています。 環境ビジネス、環境リサーチ、環境改善、大学院における学習など実績、経験の潜在知識を、第三者機関として社会的信用を付与することを目的としています。

 ● 産業に通用する資格の名称
 この制度の特色は、能力判定試験と特別研修の融合です。合格者には、学会入会を要件として「グリーン・プロジェクトマネジャー」もしくは 「グリーン・プロジェクトエキスパート」資格認定書を付与しています。26名が産業界で活躍しています。


2.資格試験の手順
 ● 社会人に有利な能力試験ベース
 履歴を重視します。その評価のために小論文、プレゼン、質疑応答にて行います。PMS資格取得者と指定大学院P2M科目(B以上)取得者は、小論文を免除します。 社会人の実践経験や大学科目履歴の要件審査の上、特別研修を行います。

 ● 受験に便利な日程と場所   東京農工大学、JR東小金井から5分のキャンパス
  特別研修      平成26年3月15日(土)
  能力試験      平成26年3月29日(土)
  申込締切      平成26年3月10日(月)
  受験資格要件 ①受験願書の審査
         ②大学もしくは大学院で環境関連2科目 4単位証明書
         ③実践経験2年以上の実績審査(提出書類の履歴説明書による)
 ● 社会人にメリットのある費用
  ①研修プラス受験の場合: 4万8千円
  ②受験のみの場合: 2万円

 ● 簡単な受付
  ①国際P2M学会 資格試験受付 p2m.office@iap2m.org
  ②申込時の提出書類(受験申込書、履歴説明)をメールにて提出のこと

申込時の提出書類については、「提出書類1 受験申込書」及び「提出書類2 履歴説明書」(http://www.iap2m.org/pdf/p2m-license2-3_1.doc)をメールにて提出下さい。
能力試験ですから、履歴説明書には、これまでの実績をできるだけ詳しく記載されることが大切です。

同様の内容をこちらにも掲示しています。
http://www.iap2m.org/examinations.html

以上

No: 182 - Date: 2014/02/16(Sun) 07:54:56

「ものづくりR&Dプロジェクトマネジメント第1回シンポジウム」のご案内

千葉工業大学の「ものづくりR&Dプロジェクトマネジメント研究会」にて、本年2/14(金)に「ものづくりR&Dプロジェクトマネジメント第1回シンポジウム」が開催されます。
ご関心のある方は、下記ウェブサイトをご覧下さい。
http://www.it-chiba.ac.jp/topics/2014214PMevent.pdf

会場は千葉工業大学の津田沼校舎です。下記の地図を参照して下さい。
http://www.iap2m.org/imgs/itchiba_map.png

国際P2M学会会員
千葉工業大学 社会システム科学部 田隈 広紀

No: 180 - Date: 2014/01/24(Fri) 14:45:07

学会会員交流:12月16日(月)忘年懇親会のご案内 ~参加歓迎~

国際P2M学会
会員皆様へ

日増しに寒気が加わる今日この頃ですが
会員皆様お変わりなくご活躍の事と思います。
もう早、今年も残すところ僅か1ヶ月余りとなり、
巷では忘年会の話題が出始めるころとなりました。
つきましては今年の活動の締めくくりとして、
例年の忘年懇親会を行なうことを企画いたしました。
会員同士並びに学会関係者とご歓談頂き、親睦を
深めて頂きたくご案内させて頂きます。
出来る限り多くの会員皆様のご参加をお待ちしております
                        
              国際P2M学会 事務局


■開催日時
開催日時 :平成25年12月16日(月)18:30~20:30
場所 :座・麻婆唐府(ザマーボードウフ) 高田馬場店
料理 :中華料理「コース料理」
参加費 :4,000円/一人様
申し込み締め切り :12月9日(月)迄にお申し込み下さい

■開催場所詳細
店名:座・麻婆唐府 高田馬場店
住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-11-10
アクセス
JR 高田馬場駅 徒歩3分
地下鉄東西線 高田馬場駅 徒歩3分
西武新宿線 高田馬場駅 徒歩3分
TEL
050-5796-0331
地図:添付参照
http://r.gnavi.co.jp/gaj9000/map/

■参加お申込み
次の「参加申込みフォーム」よりお申込み願います。
http://www.iap2m.org/regist_endyear.html

参加登録におけるご参考情報
お使いのブラウザがInternetExplorerの場合、バージョンが新しいと無応答になる場合があります。次の操作を参考にして下さい。
 http://www.iap2m.org/pdf/ie201309.pdf

■国際P2M学会ホームページ
http://iap2m.org/

No: 179 - Date: 2013/11/26(Tue) 16:41:27

【締め切りました】【教員公募】東京農工大学大学院 工学府 産業技術専攻 教員公募

東京農工大学大学院 工学府では、以下の通り教員を公募しています。

1. 募集人員:教授または准教授1 名( 文科省専門職大学院設置基準:実務家専任教員)
2. 所属 : 大 学 院工学府産業技術専攻( 専門職学位課程)
3. 担当科目
 ・研究プロジェクトマネジメント
 ・産業技術安全学( 技術リスクに関する講義科目)
 ・フィールドスタディ、ケーススタディ等のプロジェクト研究科目
4. 応募資格
(1) 実務家教員であることから、民間企業等に5 年以上在職した職歴を有すること。
(2)企業等における研究開発プロジェクトのマネジメントの経験があり、実践的な資料・知見をもとに
学生に十分なスキルを付与できる教育能力を有する者。
(3) 生命、化学、機械、情報工学のいずれかの技術専門領域を持ち、博士の学位を有している者。
(4)専門職大学院の教育課程を担当でき、かつ関連の学務処理ができること。
(5) 本学で推進しているリサーチアドミニストレータ(URA)育成教育に協力できる能力を有する者。
(6) 実践的な資料・知見をもとに学生に十分なスキルを付与できる教育能力を有する者
(講義1 回あたりパワーポイント資料20~ 30 枚、全15 回講義では300~ 450 枚程度
のパワーポイント資料が必須)。
5. 着任予定時期: 2014年4月1日
6. 勤務形態
本大学院の開講時間帯は、平日は18時15分~ 21時30分、土曜日は10時30分~ 18時00分であるので、
この時間帯を中心に勤務する。
7. 就労契約等
本学と年間500~ 1000時間程度の就労契約を結ぶ。時給5000 円程度( 経験等による)、
ただしボーナス、社会保険は支給しない。身分:文部科学省での扱いは実務家専任教授。年俸制。
8. 応募締め切り: 2013年12月24日( 火) 16時必着
9. 選考方法: 書類による一次選考の後、面接。面接時の旅費は支給しない。
10. 提出書類
(1)履歴書( 写真添付, e-mail アドレス記載)
(2)業績リスト( 学協会・商業誌等の論文、総説、解説、著書、特許、社内におけるビジネス関連業績に分類し、全著者名を記載)
(3)主要報告書( 5 編程度) の別刷りまたはコピーを各1 部
(4)下記の事項についてそれぞれA 4 サイズで1 枚程度にまとめること。
 ・企業・教育・学協会などにおける活動状況と実績
 ・着任後の技術経営教育に対する抱負
 ・着任後の本学および本専攻における貢献に対する抱負
(5)本人に関する所見を求めることのできる人物の氏名と連絡先(計2名)
11. 問い合わせ先および書類提出先:
〒184-8588 小金井市中町2-24-16
東京農工大学大学院工学府産業技術専攻 専攻長 斎藤 拓
E-mail: hsaitou@cc.tuat.ac.jp
( 封筒に「教員応募書類」と朱記し、書留にて郵送下さい。なお、応募書類は返却いたしません。)

No: 178 - Date: 2013/10/25(Fri) 07:36:46

【10/6更改】10月5日 秋季研究発表大会 アブストラクトの公開

秋季研究発表大会のアブストラクトを公開いたします。
研究発表内容の事前確認などにご活用願います。
http://www.iap2m.org/pdf/20131005Abstract.pdf

10月5日(土)国際P2M学会秋季研究発表大会が開催されます。テーマは次の通りです。
「グローバル時代の経営と開発マネジメント」
~成果を追求するP2Mによる研究、技術、事業、社会への波及~
市場と公益が共存できるビジネスモデル創出を目指すプログラムマネジメントを考える

開催日時:2013年10月5日 土曜日 9:30~18:00
開催場所:東京農工大学 小金井キャンパス
      最寄駅(JR 中央線「東小金井駅」)からの地図
 <http://www.tuat.ac.jp/basic_information/access/koganei/route/index.html#p1>

No: 177 - Date: 2013/10/03(Thu) 06:51:56

管理者編集:   削除 新規投稿

Copyright International Association of Project and Program Management Allright reserved.